スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「COOL AQUA\クールアクア」 第3類「せっけん類」等 第5類

◆対象商標:
「COOL AQUA\クールアクア」
第3類「せっけん類」等
第5類「織物用消臭剤」等
 
◆種別と異議申立番号:
異議の決定
異議2017-900260 
       
◆異議決定日:
2018/02/07
 
◆関連条文:
商標法第4条第1項第11号
 
◆引用商標:
(1)国際登録第761286号商標 「COOL WATER」
(2)登録第3205580号商標 「クールウォーター」
 
◆結論:
登録第5951411号商標の商標登録を維持する。  
 
◆理由:
(1)本件商標
称呼:
「クールアクア」
 
観念:
「冷たい水」ほどの観念を生じる。
 
(2)引用商標
称呼:
「クールアクア」
 
観念:
「冷たい水」の観念を生じる。
 
(3)本件商標と引用商標との類否
外観:
 明瞭に区別できる。
 
称呼:
 両者を一連に称呼するときは、語調、語感が異なり、十分に聴別することができるから、称呼において相紛れるおそれはない。
 
観念:
 両者は「冷たい水」の観念を共通にする場合がある。
 
これより、本件商標と引用商標とは、観念が共通する場合があるとしても、外観においては明瞭に区別でき、称呼においては相紛れるおそれのないものであるから、両者の外観、称呼、観念等によって取引者、需要者に与える印象、記憶、連想等を総合して全体的に考察すれば、両者は相紛れるおそれのない非類似の商標と判断するのが相当である。

 

よって、本件商標は、商標法第4条第1項第11号に該当しない。
 
  
◆コメント
特に日本国においては、観念を共通にする場合があるが、外観、称呼が異なる場合は全体として非類似と認定されるケースが多く、本審決も審決傾向に沿ったものである。
妥当な、審決であったと考える。
 
 
審決公報はここをクリック。

 

スポンサーサイト

コメント