スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「地中海」 第30類「調味料,香辛料」

◆対象商標:
「地中海」
第30類「調味料,香辛料」
 
◆種別と審判番号:
拒絶査定不服の審決
不服2015-15454
       
◆審決日:
2016/04/26
 
◆関連条文:
商標法第3条第1項第3号
 
◆結論:
本件審判の請求は、成り立たない。 
   
◆理由:
本願商標「地中海」は、「ヨーロッパ南岸・アフリカ北岸およびアジア西岸に挟まれた海」であることを一般に認識させる。
 
また、「地中海」は、本願の指定商品をはじめとする飲食料品関係の分野における使用においても、「ヨーロッパ南岸・アフリカ北岸およびアジア西岸に挟まれた海」であることを容易に認識させるといえるものであり、地中海周辺地域産の商品や地中海周辺地域産の原材料を有する商品に使用されていることが認められる。
 
そうすると、本願商標は、その指定商品に使用するときは、取引者、需要者に、「ヨーロッパ南岸・アフリカ北岸およびアジア西岸に挟まれた海」の「地中海」の周辺地域産の商品であること、すなわち、商品の産地、または、当該「地中海」の周辺地域産の原材料を有する商品であること、すなわち、商品の品質を認識されるにとどまるものとみるのが相当であるから、商品の産地、品質を表示するにすぎないものといわなければならない。
 
これより、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。
  
  
◆コメント
筆者の感覚ではあるが、特に香辛料には地中海産のものも多く日本国内で販売されているように思う。
妥当な審決であったと考える。
 

 

審決公報はここをクリック。
 

スポンサーサイト

コメント