スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「らんぷ家」 第41類「ランプシェードやキャンドルホルダーにガラスや鏡で文様を描く加工制作の教授」

◆対象商標:
「らんぷ家」
第41類「ランプシェードやキャンドルホルダーにガラスや鏡で文様を描く加工制作の教授」

 

◆種別と審判番号:
異議の決定
異議2017-900050

 

◆審決日:
2017/07/14

 

◆関連条文:
商標法第4条第1項第7号

 

◆結論:
登録第5896827号商標の商標登録を維持する。

 

◆理由:
(1)商標法第4条第1項第7号該当性について
ア 商標法第4条第1項第7号は、「公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがある商標」は商標登録をすることができないとしているところ、同号は、商標自体の性質に着目したものとなっていること、商標法の目的に反すると考えられる商標の登録については、同法第4条第1項各号に個別に不登録事由が定められていること、商標法においては、商標選択の自由を前提として最先の出願人に登録を認める先願主義の原則が採用されていることを考慮するならば、商標自体に公序良俗違反のない商標が商標法第4条第1項第7号に該当するのは、その登録出願の経緯に著しく社会的相当性を欠くものがあり、登録を認めることが商標法の予定する秩序に反するものとして到底容認し得ないような場合に限られるものというべきである。

 

そして、同号の「公の秩序又は善良の風俗を害するおそれ」を私的領域にまで拡大解釈することによって商標登録出願を排除することは、商標登録の適格性に関する予測可能性及び法的安定性を著しく損なうことになるので、特段の事情のある例外的な場合を除くほか、許されないというべきである(平成14年(行ケ)第616号、平成19年(行ケ)第10391号)。 

 

イ 申立人の主張について
(ア)申立人は、「引用商標には、申立人の営業努力によって獲得してきた顧客からの多大な信用・信頼が蓄積されており、その出所表示力、顧客吸引力は、申立人と強く結びついていることは明らかである。」旨を主張している。


しかし、申立人提出の証拠からは、申立人の引用商標が、ランプ作りに興味をもった需要者の間で、相当程度知られていたものであることを認め得る証左を見いだすことはできない。


よって、引用商標は、申立人の業務上の信用、信頼が蓄積され、その出所表示力、顧客吸引力を伴った商標として、需要者の間に広く知られていたものとなっていたということができない。

 

(イ)申立人は、「商標権者は、引用商標『らんぷ家』を使用した申立人事業に係る業務に携わっていた者であり、引用商標及び当該事業の存在を十分に認識していたにもかかわらず、申立人に無断で、申立人事業と同一の事業に係る役務について、引用商標と同一の本件商標『らんぷ家』を出願し、現に使用している。」等の旨を主張している。


しかしながら、商標権者が申立人の事業に係る業務に携わっていた者であり、引用商標及び当該事業の存在を知っていたとしても、その事実だけで、商標権者が商標登録出願をすることが禁止されているものではない。

 

また、申立人は、本件商標について、その商標を自ら登録出願する機会は十分にあったというべきであって、自ら登録出願しなかった責めを商標権者に求めるべき事情を見いだすこともできない。

 

これより、申立人の主張及びその提出された証拠からは、商標権者が、本件商標を登録し、商標権を取得した行為が直ちに「剽窃的な行為」に当たるとはいえないものというべきである。


ウ 判断
本件商標について、商標法の先願主義を上回るような、その登録出願の経緯に著しく社会的相当性を欠くものがあるということはできないし、そのような場合には、あくまでも、当事者間の私的な問題として解決すべきであるから、公の秩序又は善良の風俗を害するというような事情があるということはできない。

 

よって、本件商標は、商標法第4条第1項第7号に該当しない。

 

  
◆コメント
私的な領域である当事者間の争いを考慮せず、商標法第4条第1項第7号に該当しないと判断した、本審決は非常に妥当なものであったと考える。

 


審決公報はここをクリック。

 

スポンサーサイト

コメント